FC2ブログ

2月7日 色々な写真表現技法

未分類
02 /09 2019
Ⅰ.諸連絡(CDより)
 ①創立10周年記念品配布
 ②応用科終了作品展案内
 ③大阪府民カレッジ募集案内
 ④東大阪ツーリズム(夜景)案内
 ⑤フレイル予防講座案内   など

Ⅱ.色々な写真表現技法(平松先生)
いよいよ先生の講座も残り少なくなってきました。
本日は「モノクロ撮影」、「多重露光」について詳しく教えていただきました。

DSC03429_mw1200.jpg
講義の様子(モノクロ撮影ザラツキ活用)

1.モノクロ撮影
 ・RAW+色調補正機能「モノクロ」で撮影する
 ・色が無いので光を意識しカラーと違った作品ができる
 ・メリハリが無くなるので斜光、夕陽など光を工夫すると面白くなる
 ・明暗両方有るように撮影するとメリハリの有る写真になる
 ・黒の中に白(白の中に黒)を入れるとよい
 ・特定の色のみ明るく補正する(RAWのメリット)
 ・建物の写真は晴れた日に撮影すると質感が出る
 ・見る人の想像力を喚起する
 ・カラー写真をモノクロ化することもできる
 ・少し色を残すのもひとつの方法
 ・高感度撮影しザラツキを使う手法もある

DSC03397_w1200.jpg
光の当て方とモノクロ表現 - 先生のスライドより


モノクロ撮影_w1200
先生のスライドより

2.多重露光
 ・お花シルエット
 ・ミラーリング
 ・ソフトフォーカス
 ・連続写真
 ・長時間露光

多重露光作例
先生のスライドより

3.高野山撮影演習に向けて
 ・雪や寒さに備える(滑らない靴、防寒服、必要最小限の機材、ブロアー)
 ・予備バッテリーはポケットに入れて温めておく
 ・信仰の場所なので三脚は使わない
 ・白飛び、黒潰れがしやすいので、撮影後ヒストグラムで確認する

Ⅲ.クラスミーティング
1.諸確認
 ・2月3月のスケジュールについて
 ・合同展日別当番について
 ・修学旅行について

2.フォトブック印刷

DSC03456_w1200.jpg
フォトブックの印刷に取り組む受講生

年度制作(フォトブック)の印刷が始まりました。
入学時は皆ひよっこだったのに、他の人の作品がとても素晴らしく思えました。
印刷日もあと2日、さあ追い込みです!

1月22・23日 コーダイフェスタ2018

未分類
01 /25 2019
1月22・23日の両日にわたりコーダイフェスタ2018が開催されました。
scan20190125.jpg


1.展示部門
カメラ芸術科の展示スナップ
IMG_0098.jpg

IMG_0100.jpg

IMG_0112.jpg
千客万来の会場




2.スポーツ部門
ウォーキングリレーは入賞することは出来ませんでしたが、パスケットシュート競技で予選トップ通過、決勝では見事3位入賞いたしました。選手の皆様ご苦労さまでした。

IMG_0080.jpg

IMG_0091.jpg




1月17日 白熱教室

未分類
01 /19 2019
1.はじめに
・白熱教室用参考資料「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」配布
・高大フェスタの役割リスト
・2/14高野山撮影案内
・第一回校友会フェスタの案内
・ボランティア活動の表彰制度の説明
・高大フェスタ実行委員会より10周年記念ペットボトル販売のお知らせ
・2月の予定
・皆勤賞は全日出席、修了証書は60%出席の方に授与

2.白熱教室
vivianmaier.jpg


hakunetu.jpg

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」
ヴィヴィアン・マイヤーのDVD、ホームページを見て、彼女の作品につき下記のような内容につき意見を述べあいました。
・ ポ—トレイトと2眼レフカメラ、使用レンズについて
・ 被写体(モデル)とのコミュニケーションについて
・ 使用フィルムの特性について
・ 彼女が生前写真を公表せず、プリントも少なかったことから、写真をとる目的、意味について
・ 写真撮影の目的、意味、動機について  記録、日記、アート、
・ ジョン・マルーフについて、
・ 仕上がりが見られないのに、切り取りのすばらしさ、センスについて
・ マイヤーの人生、性格、信念、趣味について
・ 老後の人生について
・ ペットの撮影について
・ マイヤーの撮影技術の習得過程について

3.合同展用データをパソコンへ入稿作業
dara.jpg

4.フェスタ用額装作業
gakusou3.jpg


5.高野山撮影関係連絡事項
6.高大フェスタスケジュール確認
7.修学旅行関係
8.合同展の準備について
9.カメラ応用科修了作品展について
10.健康寿命に対する高大受講生の意識調査(2018年度)回答

以上


1月10日 光を読む

未分類
01 /11 2019
あけましておめでとうございます
謹賀新年

Ⅰ.はじめに
・ 本日の予定 午前は平松先生の講義「光を読む」、午後は「高大修了後の活動の場合同説明会」
・ 資料説明 季刊紙ホウエンザカ、うんちく講座第4弾「焼酎がもっと楽しくなる基礎講座」広報誌レインボー44号
・ 来週の予定  バザー用商品の準備各人2点
          高大フェスタ展示用額装作業(白手袋、タオル、テープ、たこ糸、ドライバー)
          額装は各人持ち帰る。
・ 17日    
・ 午前 白熱教室 Vivian Maierについて ホームページを事前視聴のこと。
・ 午後 合同展の準備 キャプションの原稿を班長取り纏め、CDに送信する。
          印刷発注用のデータをtiff形式にて準備する。プリント作業自前の人もデータは提出する。
          データにはxx○○○○.tiffと記す。
・山口副委員長より、修学旅行の参加申し込み締め切り、高大フェスタの役割分担につき確認説明あり。

Ⅱ.光を読む ~光の特性と撮影への応用~
1. 人の目とカメラの目
   人間の目の仕組み
    瞳孔、虹彩 ・・・光の量を調整する
    水晶体・・・像を結びピントを合わせる
    網膜・・・像を電気信号に変換
   
    カメラの仕組み
カメラと目の仕組み

2. 光の仕組み
 光の2つの性質
   波としての性質(波動性) 光の色に関係する 光の波長はnm(ナノメートル)で表記
   粒としての性質(粒子性) 光の強さに関係する  光の粒のことを光子(フォトン)と呼ぶ

  可視光線
   人の目でみることが出来る光
   紫400nm~赤700nmの光
   紫、水色、青、緑、黄、橙、赤、虹の七色
可視光線


  リンゴはなぜ赤いのか
    赤以外の波長が吸収される
リンゴ



  夕焼けの光が赤い理由
  大気中の水蒸気に波長の短い光が反射する

  光の色を表す単位 
  色温度(単位はケルビン、K) 光を全く反射しない黒体を高熱で熱し、放射される光の色に対応させた時の黒体の温度

3. ホワイトバランス
 ホワイトバランスをあえて太陽光にして撮影する
 曇り、日の出前、朝日、夕日など
ホワイトバランス


4. 光の質
 晴れた日中の光
 晴れた日の日陰の光
 曇りの日の光
 雨の日の光
 雪の日の光
 朝夕の光
 日没後、日の出前の光
 まどからの自然光
アグリッパ


5.光の向き
 順光線
 斜光線
 逆光線
順光説明



6.露出補正の話
撮影する対象物に合わせて露出を補正する。

7.まとめ
光を意識して撮影する。
作品にあった光をを考える
光の状態を待ってみる。

8.平松先生の作品例の紹介
朝顔

作例2

作例


Ⅲ.合同展のデータサイズの説明

・ 画像データは劣化の起こりにくいtiff形式にて保存
・ 元画像のデータサイズのまま、
・ 8ビット、RGB ファイル名 Araki.tiff 又はjpegでも可
・ プリント作業自前の人もデータは提出する。
データにはxx○○○○.tiffと記す。
godoutensetumei.jpg



Ⅳ.修了後の活動の場合同説明会
・行政相談につき説明会
・修了後の活動の場としての校友会、同窓会組織につき説明




        

 

12月13日写真の見せ方

未分類
12 /21 2018
余白の効果、大切さについて学びました
201812211626100a6.jpg

余白のつけ方やタイトルのつけ方について、先生の作品を参考にしていただいて、学びました
20181221162629f5d.jpg

新井卓氏、ジェフ・ウォール氏等の写真家の写真集や、展示方法から、見せ方について学びました
20181221162645357.jpg

授業の後、和気あいあいと忘年会を楽しみ、懇親を深めました
20181221162657173.jpg

2018koudai33

【作成担当】6つの班の記録・広報担当者が月ごとにブログを作成します。
 4月・11月:2班
 5月・12月:3班 
 6月・1月 :4班
 7月・2月 :5班 
 9月・3月 :6班 
 10月   :1班