FC2ブログ

10月4日 デジタル画像編集2

未分類
10 /06 2018
1 諸連絡(CDより)
 ① 10/25(木)10:00~13:00 オープンキャンパス2018
   10:00~12:00 教室見学があります。
 ② 11/26(月)市民公開講座 大阪歴史博物館 
   13:15~14:50 「同志 西郷と大久保」 希望者はCDまで申し込み
 ③ 10/22(月)養老市における「純米吟醸酒仙櫻」の利き酒会と
    明延鉱山坑道見学会」 希望者はCDまで申し込み
 ④ 来週10/11(木)は、休み 授業はありません

2 デジタル画像編集2  「内容」 photoshopで色補正
 ① 前回の復習
   ◎ photoshopの基本画面操作について 『テキスト P1』
      写真を開く場合、「ファイル」メニューから「開く」を選択
      CTRLキー+アルファベットの O でもできます。
   ◎ 写真をトリミングする 『テキスト P13』
     ・トリミングとは、写真の一部を切り抜いて利用すること
     ・photoshopでは切り抜きツールを利用してトリミングを行います。
   ◎写真の一部を修正する『テキスト P11・P12』
     〇コピースタンプツール
      写真の一部を切り抜いて修正箇所に張り付けることで
      ゴミや汚れを修正するツール
03.jpg

     〇スポット修正ブラシツール
      小さなゴミやセンサー汚れを非常に効率的に修正するツール

 ②写真の明るさ・コントラスト調整
   ◎レベル補正を利用した補正『テキスト P5』
    【STEP1】 ヒストグラムが表示された補正パレットから
          グラフ下の3つの三角を動かして補正を行う。
    【STEP2】 三つの三角の役割
           白い三角・・・写真の最高明度を設定します
           黒い三角・・・写真の最低明度を設定します
           グレーの三角・・・写真の中間調を設定します
             左右に動かすことで画面全体の濃度が変化します。
    【STEP3】 補正を行うときは、最初に白と黒の三角を山の裾野に
           移動させ最後にグレーの三角で画面全体の濃度を調整
04.jpg

   ◎調整レイヤーを利用した補正 『テキスト P6』
     調整レイヤーは画像補正をレイヤーとして保存する方法で
     何度でも補正をやり直すことができる便利な機能です。
   ◎画像の部分補正 『テキスト P7』
     画像の一部を濃く補正することを「焼き込み」
     部分的に明るくする補正を「覆い焼き」と呼びます。
   ◎レイヤーマスクを利用した部分補正 『テキスト P8』

3 クラスミーティング
  ①写真鑑賞 1班から9月27日撮影した写真(一人3点)の説明
07.jpg
08.jpg
09.jpg

  ②1/22(火)・23(水)高大フェスタで展示する写真の額について
    A4サイズ アルミ黒・黒マット・ガラス板に決定
    購入希望者は10/25(木)布山CDに申し込み
  ③11/15(木)撮影実習4「赤目四十八滝」について
    10/11(木)までに各班の班長が出欠をCDまで連絡 費用は10/25徴収
  ④11/18(木)の遠足は嵐山に決定 案内状は 10/25配布
  ⑤3/4~9 合同展 額+写真印刷代は 10/25徴収


     



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

2018koudai33

【作成担当】6つの班の記録・広報担当者が月ごとにブログを作成します。
 4月・11月:2班
 5月・12月:3班 
 6月・1月 :4班
 7月・2月 :5班 
 9月・3月 :6班 
 10月   :1班