FC2ブログ

7月19日 フレーミング講座

未分類
07 /20 2018
1.諸連絡(CDより)
 ①広報誌「れいんぼー」の配布
 ②「西日本豪雨災害義援金のお願い」
 ③「高大修了式の進め方について」   など

2.フレーミング講座(平松先生)
〇フレーミングの要素に「構図」、「カメラポジション」、「フレーム」、「レンズ効果」などがあります。本日は「写真の構図」について特に詳しく教えていただき大変参考になりました。
構図授業
フレーミング講座(黄金比)-先生のスライドより (以下の作例も同様)

<写真の構図>
①中心の構図
 a.日の丸 (初心者構図と言われるが迫力ある被写体では有効)
 b.オフセンター (中心を少し上にずらせる)
 c.2,3,4分割 (主題の明確化、方向性の示唆)
 d.黄金比 (≒5:8 、ピラミッド、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿など)
 e.白銀比 (1:√2、A判用紙、風呂敷、法隆寺、見返り美人など)
 f.極端 (被写体以外はシンプルに)
日の丸構図

分割の構図

②動感の構図
 a.対角線
 b.S字
 c.ジグザグ
 d.円弧
 e.リズム
対角線_a
見る者の視線を導く構図(対角線)-先生のスライドより

動感の構図_a

③奥行きの構図
 a.トンネル
 b.重なり
奥行の構図

④安定の構図   
 a.三角
 b.敷き詰め
安定の構図

⑤シンメトリーの構図   
 a.鏡映
 b.並進
 c.回転
シンメトリーの構図

⑥その他の構図   
 a.枠外
 b.崩し
その他の構図

<カメラポジション>   
垂直方向のポジション

上下方向のポジション

<フレーム>
フレーム

<レンズ効果>   
 広角~望遠(焦点距離、視野角、被写界深度、被写体までの距離)

<先生からのアドバイス>
〇1写目はファーストインプレッションで撮影し、何パターンか撮影するのがよい。そして、撮影後の検討時には、本日の授業を思い出しじっくりと比較するのが良いとアドバイスを頂きました。
構図の撮影段階


講義2 花火の撮影(平松先生)
花火撮影
花火の撮影-先生のスライドより

必携用品 
①三脚、②ケーブルレリーズ、③はがせるテープ、④懐中電灯、④予備電池、⑤秒針のある時計(タイマーでも可)

撮影の流れ 
①明るいうちにカメラ設定
露出⇒M(B)、フォーカス⇒MF(無限遠でテープ固定)、ホワイトバランス⇒太陽光、.ISO⇒100、画質⇒できればRAW
②花火のタイミングでF8(F11)・10Sくらいで一枚撮影
③軌跡の明るさや周囲の映り込みを調整
絞り⇒軌跡の明るさ、シャッタースピード⇒軌跡の長さ(周囲の映り込み)

様々な花火撮影テクニック 
①アップ、②流し撮り、③露光中ズーム、④露光中フォーカス、⑤多重露光

3.クラスミーティング
①和田理事長との懇談会
理事長懇親会
和田理事長と語ろう

〇理事長は、2730名の受講生(200名のボランティア)が集う高大が、その規模、科目の広範性、運営の自立性など他学校からも注目される存在であり、これを全国に普及させていきたいと熱く語られました。

〇受講生からは、楽しく有意義な学校生活を過ごしているとの意見とともに、単年受講や募集時の新人優先の方式や、行事、カリキュラム、PC環境等に関し活発に意見・要望が寄せられました。

②DVD学習     
〇余裕時間を利用してDVD教材による学習を行いました。その中で、本日の授業にも関連しますがレイルマン比率という構図もあることを知りました。

〇次週は写真集を持ち寄り白熱教室が開催されます。午後は「フォロー勉強会」や「遠足」「修学旅行」についての意見交換が予定されています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

2018koudai33

【作成担当】6つの班の記録・広報担当者が月ごとにブログを作成します。
 4月・11月:2班
 5月・12月:3班 
 6月・1月 :4班
 7月・2月 :5班 
 9月・3月 :6班 
 10月   :1班